AMEEでは、日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会と下記ワークショップを共催開催いたします。

  日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会
  第16回 科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ
    『症例解析&文献評価ワークショップ2019:心不全』

【一般参加 申込期限:2019年6月30日(日)】 ▶ 参加のお申し込みはこちらから

病棟や在宅で、目の前の患者に対する最適な薬物治療法の評価・提案方法がわからない、診療ガイドラインは一読したが、目の前の患者への活用方法に自信がない。論文を読む機会が少なく読み方・評価方法がわからない、症例への適用に悩んでいる。そのような経験はありませんか︖

本ワークショップではこれらの基礎を学び、グループワークを通じて実際に症例解析もしくは文献評価に取り組むことで「症例の治療を評価する力」と「文献を批判的に吟味する力」を身につけます。また、プリセプターとして参加する場合には本学会認定ワークショップ認定指導者の指導のもとワークショップの立案から薬物治療の科学的評価の実践について学ぶことができます。

今回の対象疾患は「心不全」です。米国では 2013 年(2017 年にアップデート)、欧州では 2016 年、国内では 2017 年にガイドラインが改訂され、心不全の分類も明確化されています。また、近年では複数の新薬に関する見解も報告されています。本ワークショップを通じて、心不全に対する薬物治療をアップデートしてみませんか︖多くの先生方のご参加をお待ちしております。

<開催概要>

内 容 第 16 回 科学的・合理的に薬物治療を実践するためのワークショップ
『症例解析&文献評価ワークショップ2019:心不全』
日 時 2019年7月20日(土)13:00~17:40, 7月21日(日)9:20~17:00
会 場 日本薬科大学 お茶の水キャンパス
定 員 症例解析コース 30名/文献評価コース 30名 (先着順)
参加費 ・日本アプライド・セラピューティクス学会非会員:13,000 円
・学生:1,000円
・第12回以降の本ワークショップに一度以上ご参加経験がある非会員:7,000 円

[いずれも当日払い]

※1日目のみの参加も可能ですが、参加費は同額です。
※キャンセル期限:2019年7月1日
 (当日の無断欠席や期限後のキャンセルは固くお断りいたします)

認定単位 6単位 (1日のみ参加の場合は3単位)

日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師講習会の認定に加え、⽇病薬病院薬学認定薬剤師制度研修単位、日本薬剤師研修センター(G01)研修認定単位、薬局共創未来人財育成機構薬剤師研修センター(G18)研修認定単位のいずれかの取得が可能です。また、本学会のワークショップ認定指導者の認定要件一つとなっています。

▶ 開催スケジュール詳細はこちら ※学会サイトへ移動します。コースの概要はPDFの2ページ目をご参照ください。

参加のお申し込みはこちらから


【共催】
日本アプライド・セラピューティクス(実践薬物治療)学会、 一般社団法人 薬局共創未来人材育成機構、 東京理科大学研究推進機構総合研究院アカデミック・ディテーリング部門、 一般社団法人 医薬教育倫理協会(AMEE)