薬剤師生涯教育事業

  • HOME »
  • 薬剤師生涯教育事業

AMEE集合研修開催日程はこちら >

インターネット研修はこちら >

AMEE薬剤師生涯教育制度の概要

薬局薬剤師のミッションが大きく変わろうとしています。
医薬分業がごく一般的になり、「医師が発行した処方箋を迅速かつ的確に処方し投薬する」という役割が続いてきましたが、高齢化、国民医療費に占める薬剤費の増加、ポリファーマシー問題、さらに地域連携医療に対する薬剤師の関わり方の再評価などにより薬剤師を取り巻く環境も変化を遂げ、薬局薬剤師の局外行動を含む、患者さんに選ばれる「かかりつけ薬剤師」として大きな飛躍を求められる時代になりました。
今後は地域医療のパートナーとして患者視点で医師と患者の間に介入し、調剤投薬の責任に加えて調剤後の薬剤治療に関するフォローアップやモニタリングを中心とする患者情報の医師・連携チームへの共有、さらに医療の効率化の一翼を担うことが求められています。患者目線で真の付加価値を提供出来る薬剤師のみが選ばれ、個々の薬剤師による品質の探求になる様相といっても過言ではありません。あわせて、今後登場する新しい治療薬は、生活習慣病の枠を超えて高度専門分化した治療薬にシフトしていきます。
またジェネリック医薬品処方拡大の流れの中で患者個々の背景にあった指導やモニタが必要になることを踏まえ、薬局薬剤師が薬物治療、薬のプロフェッショナルとして地域医療の中で中心的な情報活動していくためには、これまでの経験や知識を基にさらに洗練された行動能力を高めていく必要があります。

当協会の薬剤師生涯研修制度は、薬剤師が治療薬のプロフェッショナルであり医師・医療従事者のパートナーとしてその力を発揮すること、そして患者、医師から選ばれるべく、かかりつけ薬剤師としての品質を向上するために支援することを目的としています。また、当協会の特徴である医師ネットワークと連携し、医師との連携視点を多く取り入れてまいります。新しい生涯学習スタイルにご期待下さい。

一般社団法人 医薬教育倫理協会
薬剤師生涯研修(認定)制度 実行委員長
緒方宏泰

企画運営委員会名簿

薬剤師生涯研修認定制度委員会
委員長 安原 眞人 帝京大学薬学部特任教授・薬学博士
委員 緒方 宏泰 明治薬科大学名誉教授、日本アプライド・セラピューティクス学会会長・薬学博士
寺本 民生 帝京大学 臨床研究センター センター長、前日本内科学会理事長・医学博士
北村 聖 学校法人国際医療福祉大学大学院 教授、学部長・医学博士
近藤 太郎 近藤医院院長
薬剤師研修プログラム実行委員会
委員長 緒方 宏泰 明治薬科大学名誉教授、日本アプライド・セラピューティクス学会会長・薬学博士
委員 越前 宏俊 明治薬科大学 教授、副学長,薬学科長,医療薬学教育センター長
堀 美智子 医薬情報研究所・株式会社エスアイシー、日本女性薬局経営者の会
篠原 久仁子 フローラ薬局代表取締役、薬学博士、東京薬科大学客員教授ほか
関根 祐子 千葉大学 大学院薬学研究院 教授、薬学博士、実務薬学研究
薬剤師研修評価認定委員会
委員長 山本 美智子 昭和薬科大学医薬品情報部門教授・薬剤師、医学博士
委員 高尾 良洋 武蔵野大学薬学部准教授
小茂田 昌代 東京理科大学薬学部薬学科教授・薬学博士
土井 信幸 高崎健康福祉大学薬学部講師・薬学博士

生涯研修の目的

医薬教育倫理協会の薬剤師生涯研修事業は、薬剤師に対し生涯学習の機会を提供するとともに、その結果を適切に評価することを通じて、「薬剤師の資質の向上を図ること」、そして「日本の医療向上に寄与すること」を目的としています。主に3つの観点を重視した研修プログラムを提供いたします。

  1. 地域における「かかりつけ薬剤師」として医師や地域医療チームと連携し、信頼される医療人として、薬学知識に加え、環境変化、疾患、臨床、コミュニケーション、行政施策等、薬剤師の職務を遂行するために必要な最新知識を習得していただくために、多彩な専門講師・教授陣のネットワーク(薬剤師、医師、行政担当など)による講義を行う。
  2. 常に患者の立場に立ち、処方医と連携し、適切な薬剤の選択や患者クオリティオブライフ(QOL)改善を推進し、患者から選ばれる薬剤師の育成を支援する。
  3. 集合研修とインターネット研修のそれぞれの利点を融合し、忙しい薬剤師が効率的に研修内容を理解習得でき、継続性と実務再現性が高い新しい形の生涯研修を提案する。

研修の種類

当協会がとくに重視していることは、薬剤師の皆様が医師とのプロフェッショナルな信頼関係を構築することです。医師やメディカルスタッフから薬物治療のプロとして認められ、地域医療において、かかりつけ薬剤師とかかりつけ医との連携行動が患者のために推進されることを目指しています。研修プログラムには、医師の視点に立った薬物治療戦略のコンテンツを多数ご提供しています。
医師の治療戦略を学ぶには、症例カンファレンスに参加し、患者ごとに異なる疾患や治療選択を学ぶことが最適な手段です。薬剤師の皆様が容易に医師の思考を学べる機会を企画してまいります。医師の処方意図を正しく理解して、確かな薬学知識をベースに医師としっかりコミュニケーションをとりながら、二人三脚で地域の患者を治療・サポートしていただければ幸いです。

1) 集合研修
かかりつけ薬剤師が解決すべき課題から重要テーマを選択し、カンファレンス形式や問題解決などの学習様式を取り入れた講義セミナーを開催しています。
講演者は薬剤師に限定せず、薬剤師と医師との共演による講義、その他、当協会が認めた医薬関連団体または医療機関等による主催または共催による研修などを行います。
2) インターネット研修
多忙な薬剤師の皆様に、いつでもどこでも学習できる環境を整え、ご自宅で、職場の休憩中や戸外でも、空き時間を活用して継続的に学習できる機会をご提供します。プログラムの品質管理(テーマ選定、集中して学習するための時間設定・編集の工夫等)に注力し、さまざまな疾患・病態、服薬指導、薬物動態、医薬品情報、薬学的コミュニケーション、フィジカルアセスメント、検査値の読み方など、薬剤師に必要な知識・スキルを学べる講義動画を配信します。
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 医薬教育倫理協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.