AMEEは、医師のコンピテンス向上のためのインターネット教育プログラムを提供する医学継続教育サポート事業で『AMEE医学継続教育プログラム』を開始しました。
数多くの学習機会を創出するために、提供に必要な資金を製薬企業から募る場合もあります。AMEE独自の教育基準及び手順を定め、遵守することで、教育プログラムの独立性を維持・担保しています。
今後は、各種学会などの学術団体と連携した医学教育プログラムも企画しています。プログラムは随時追加されますのでご期待ください。

◆現在配信中のプログラム◆

第1弾「心房細動患者の対応をあらためて真剣に考える」

講師:山下 武志氏(公益財団法人心臓血管研究所・付属病院 所長)

日本の心原性脳卒中予防の第一人者、山下武志先生による”渾身の”レクチャーです。
日本人のエビデンスを元に、とかく敷居が高いと感じられる方が多い心原性脳卒中の予防エッセンスを改めて学べます。
目から鱗のリスク層別法や、専門医に紹介すべき具体的な症例など臨床医目線で解説された明快な講義をぜひご覧ください。

第2弾「免疫チェックポイント阻害薬によるがん治療」

講師:土井 俊彦氏(国立がんセンター東病院 副院長、先端医療科長)

日本における抗がん剤開発の中心的施設である国立がんセンター東病院の土井俊彦先生によるレクチャー。
今話題の免疫チェックポイント阻害剤について、がん細胞と免疫機構の関係から、作用機序、そして臨床応用まで、イムノオンコロジーの基礎から応用までわかりやすく学べます。
中でも、免疫関連有害事象に関する解説や、効果判定のタイミングなど明日からの臨床に有用な内容となっております。

第3弾「見逃してはならない、動脈硬化性疾患。家族性高コレステロール血症 Up to date」

講師:山下静也氏(りんくう総合医療センター), 野原淳氏(金沢大学保健センター), 斯波真理子氏(国立循環器病研究センター)

診療機会の多い脂質異常症。その中に潜み決して見逃したくない疾患、家族性高コレステロール血症(FH)。FHの基礎、疑い方、診断の秘訣、最前線の治療を豊富な症例提示とともに解説します。
本講義は日本動脈硬化学会との共催につき、講義修了時に発行される「修了証」は、日本動脈硬化学会認定・動脈硬化専門医資格の更新の際に【1単位】として申請が可能です。

『AMEE医学継続教育プログラム』 はこちら >>

※本プログラムは、「CareNet.com」の「医師会員」限定でご利用いただけます。
※「CareNet.com」のログインID・パスワードでログインしてください。
(「CareNet.com」は、AMEEと提携しているケアネット社が運営している医療情報専門サイトです)

<ご視聴方法>
1) 上記リンクを押すと『AMEE医学継続教育プログラム』サイトに遷移します。
2) CareNet.com のログインID・パスワードでログインします。
(非会員の方は、新規会員登録(登録無料)にお進みください)
3) ログイン後、該当の講義を選択しご視聴ください。

※初回ログイン時のみ、「CareNet.comからAMEEに次の情報を提供します」という表示が出ます。
内容をご確認のうえ「情報の提供に同意する」にチェックし、[許可する]ボタンを押してください。